素敵なリングピローを作ろう!

リングピローの役割とは

結婚式で結婚指輪を運ぶ時、どんな風に運ぶのかご存知ですか?「指輪ケースに入れたまま運ぶのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、基本的にキリスト教スタイルの結婚式を挙げる場合は「リングピロー」と言うクッションに乗せて指輪を運びます。この起源は古代エジプト期の結婚式でピロー式の宝石台が使われたのが始まりで、貴重な宝石等を献上する時にクッションを使う習慣が生まれたと言われています。お姫様の出て来る童話等を思い出せばしっくり来るかと思います。
また、二つの指輪はリボンで結び付けて載せるのが一般的で、「二人の絆を結ぶ」と言う意味があります。
このようにリングピローはお洒落なだけではなく、二人の大切な宝物を運ぶ特別な役割を持っているのです。

特別なリングピローを手作りしよう

リングピローは大切な宝物を運ぶ神聖なものと言うイメージかもしれませんが、手作りする事もできます。むしろ二人の特別な愛の絆を運ぶからこそ手作りにしたいと言う方もいます。一から手作りする方もいますし、最近ではキットも販売しています。
ではどうやって作るかと言うと、「ピロー」と言っても基本的に二つの指輪を載せることができれば作り方は自由です。クッションタイプにカゴやボックスと言ったスタンダードなタイプにする方もいれば、花の中に置いたりペアぬいぐるみに持たせると言う方もいます。形は正方形や円状だったり、ハート等のモチーフを模したクッションを作る方もいます。また、台に乗せて王冠や鳥カゴ等を被せると言うスタイルもあります。
二人の好みに合わせて、是非特別なリングピローを作ってみましょう。